主治医だった人が変わってしまった

私は、大阪の病院なら生野愛和病院産婦人科に通っています。妊娠したのですが、子宮外妊娠で急遽手術になりました。大阪で話題の医療脱毛はその時の主治医は、とても優しく言い方が柔らかくて、安心感を与えてくれていました。兵庫の病院ならいたみホームクリニックが入院や経過も、ちゃんと見てくれて理解したかを毎回確認してくれる人でした。ですが、2回目の妊娠で、先生に診てもらった日にたまたまなのかわかりませんが、卵管流産してしまいました。先生は、自分のせいだと言って謝ってました。その次の診察から、兵庫の病院ならいたみホームクリニックが変わりました。若い女の先生になりました。その先生は、やはり女の人だからなのか、私の気持ちを理解してくれて、私がしたいって思ってることを先生も考えていてくれて、すごく頼れる先生です。言い方も優しくて、良い時は一緒に喜んでくれて、だめな時は一緒に悔やんでくれて、いい先生に2人も出会ってよかったと思っています。変わった時は、手術してくれた先生じゃなきゃこれからの事もあるしと思っていたのですが、女の先生も不安をなくしてくれる位向き合ってくれるので、よかったです。